仕事を知ろう
お仕事カタログの使い方

もっと知ろう!いろいろな仕事
どういうシステムを作成したいかという要望に応え、適切なシステムの設計や分析を行います。システムの設計を行い、実際にプログラマーをまとめてシステム制作を行い、できあがったシステムのデバッグまでの制作進行がシステムエンジニアの仕事です。また、システムの導入や構築を行うこともあります。

<仕事のスタイル>システム開発の流れは、一般的に、基本計画、外部設計、内部設計、プログラミング設計、プログラミング、テスト、運用・保守となっています。システムエンジニアの仕事は、内部設計、プログラミング設計、プログラミング、テストまでの範囲の流れを管理することです。システムエンジニアが直接クライアントとの打ち合わせを行うこともあります。

<必要な能力>システムについての幅広い知識が求められる他、ネットワークの知識や関連ソフトウェアの習得も必要です。そのほか、コンピュータの知識を持たない顧客に対する対応や要望の理解など、プログラミング能力だけでなく、コミュニケーション能力も必要とされます。

<仕事をする上で一番大きな要素>納期があるので、それに間に合うようなスケジューリングをしなければなりません。また、設計どおりに仕上げるためにも、スタッフとのコミュニケーションは重要です。
Web・ICT・パソコンの仕事 詳細へ