仕事を知ろう
仕事内容:
Web制作会社、デザイン会社などで、Webページのデザインを行います。見た目の美しさはもちろん、訪れた人が利用しやすいサイト、内容の分かりやすいサイトにするための構成などについても考案・提案します。

仕事のスタイル>通常1つのサイトをつくるのに、プランニング、デザイン、プログラミング、コーディングなどの作業が必要です。Webデザイナーは、この中のデザインの部分を担当します。中にはフリーのWebデザイナーとして活動している人もいますが、その場合は上記のすべての作業を一人ですることになります。

Webデザイナーの種類Webデザイナーの仕事は、大きく2つに分けることができます。1つは、自社のホームページの作成や更新の仕事です。もう1つは、顧客の依頼を受けて専門にホームページを作成する仕事です。

必要な能力Webデザイナーに限った事ではありませんが、作業スピードが速く、スケジュール管理ができて納期を守れなければなりません。デザイン力の面では、最新の技術やデザイン、スタイルや色など今流行のものを吸収でき、自分のものにできる能力が求められます。動画やプログラムなどを組み込んでデザインすることもあるため、デザイン以外の分野についても基礎知識があると有利です。

仕事をする上で一番大きな要素> Webデザインの仕事は、技術やセンスに特化していなければなりません。日々自分の感性を磨くことを心がける必要があります。