仕事を知ろう
仕事内容:
就職氷河期と言われる昨今、就職活動に悩む若年層が増え続けています。
この社会状況の中、若年層に就職へのアドバイスやサポートを行うのがキャリアアドバイザーです。
主な業務は大学・専門学校のキャリア支援の部署や、就職支援スクールなどで、学生・生徒の進路相談にのったり、資格取得や就職活動のサポートを行うこと。就職対策のセミナー運営を行うケースもあります。
今後ますます需要が広まる職種と言えるでしょう。

仕事のスタイル
キャリアアドバイザーを必要とする職場は、主に教育機関ではありますが、就職対策などを主業務とする公共施設や人材派遣会社などの広がりがあります。
また、職場によってはカウンセリング業務の他にその職場に関係する仕事を兼務することも多いようです。
兼務とは言え、基本的にはキャリアや資格・就職関連など、キャリアアドバイザーの能力が必要な仕事内容ですので、特に他分野のスキルや能力が必須というわけではありません。しかし、自分の持つスキルや能力を活用した仕事の仕方をしやすい職業でもありますので、自身の能力やキャリアも同時にステップアップさせていくような考え方を持って仕事に取り組むことも出来ます。

仕事をする上で一番大きな要素
キャリアアドバイザーは未経験者にも求人がある職種です。
ただし就職時には、指導経験やカウンセリング経験を要求されるケースが多いです。接客など人と接する仕事の経験もアピールポイントとなるようです。
また、常に就職や雇用に関する最新の知識を身につけておきましょう。

必要スキル:
キャリアアドバイザーは、学生や生徒から頼りにされ、何でも相談しやすい存在でなくてはなりません。
そのためには、優れたコミュニケーション力やヒアリング力が要求されます。
また、企業の求人状況など、就職に関する情報が必要です。常に最新の情報を得るための、情報収集力も問われます。
現在の就職難に対する問題意識や社会貢献への使命感を持っている人にはまさにうってつけの職業と言えるでしょう。